トクノート

日記とか考えたことを書いてます。備忘録的なもの。

著名人に直接連絡をとってみよう!という実験をしようかと思う。

 

 

ここ最近、自分の殻だったり、枠的なものを破る方法ってないのかな?

ってずっと考えてた。

私生活もどことなく悶々とした感じだし、仕事においては今のところやりがいを感じることができてない。

深く考えすぎかもしれんけど、生きがいってのがないのね。

 

んで、

新しいことを始めるとか、生活習慣を変えるとか。

それとなく思いつくことはあるんだけど、なんか面白くない。

なんか自分の思いつくことに魅力を感じれんくて、自らポシャらせてばっかり。

 

一発逆転が好きってことはないんだけど、それだと牛歩すぎやしないかと...

いろいろ思いついては自分のかなでしっくりこないというか、面白みがなくて破綻したアイデアばかり。

考えるだけで動いてないのは、考えてないのと同じって思うから、

いっつも自己嫌悪に陥るのね。

 

 

けど、この前とある先輩からの助言があって、

『ハッッ!』とさせられることを言われたんだよ。

 

下記、それを原文に近い状態で、要約したやつ。。。

 

 

 

人に頼るって好きやないもしれん。

確かに自分の力で頑張ると実力は確実につくわな。

今のところ人に相談するってことはしてそうやけど、それでは遅いかもしれん。

基本的に、人間一人では思うように進まんことばっかりやからな。

成長は一人でもできるけど、成功は一人ではできんから。

 

だから、もっとおんぶにだっこでいいから、頭下げてみたらどんな?

たぶん努力家な分、プライドもあるやろうし最初は手こずるかもな。

それに加えて、お前は頼ったあとに何も自分では返せんから、頼りたくない。

とかそんな感じやろ?

 

その考えは、間違ってないけど、最適解じゃないと思う。

能力がある人、スキルがある人ってのは、それを使う為に磨いてきたもんや。

だからそれを教えてくれって素直に頼まれることって嬉しいことやと思う。

自分だったらそう感じる。

 

そんで、自力で頑張ることで必要になる時間。

逆に、人に頼ることで省略できる時間があるよな?

その時間を使って、その人に貢献できることを探せばええんよ。

何も返せないこともあるかもしれんけど、そこでの努力は無駄にならん。

むしろ、先に自分から動いて仲良くなったら頼んでみるのもあり。

 

大事なのは、2つ。

一つは、ちゃんと感謝を伝えること。無理にせいとは言わんけど、不義理なことは極力せんこと。

もう一つは、結果を求めず、チャレンジし続けること。

スペシャリストにも失敗もあるし、お前自身の実力が足りんこともあるから、毎回うまくいくこともないし、基本現実はそう容易くない。

だからこそ、一回のトライで満足ないし諦念せずに、チャンスを掴みに行くことを忘れんようにすること。

 

これができれば、今の悩みが解決すると思う。

それにやりたいことにも繋がると思うんよ。

まあ、気が向いたらやってみ。

 

 

 

とのこと。

ほんと、たまたま会って話聞いてもらったら、

なんてすんげーいい事教えてもらった。

こういう人が近くにおるって、恵まれてるなって思うわ。

 

この話を聞いて、

『自分の思いつくなかで、一番突飛だけど、ワクワクする行動ってどんなものだろうか?』

の答えがはまった。

 

簡単に言えば、もっと人を使うってこと。

言い方が悪いけど。

 

今まで学校だったり部活って括りがあったから、自然とグループとか人が周りに居る環境だった。

けど社会人になると自分から仲間を見つけにいかないと、そうそうできない。

それは都会であればあるほど。

 

だから、自分のやりたいことや知りたいことが簡単なことではないのなら、尚の事。

人と積極的に関わって成し遂げないと、時間は待ってくれないし、まず自分だけで頑張るって僕には向いてないしやる気が続かない(笑)

 

 

そこで考えたのは、著名人に直接連絡をとってみること。

相談内容やその行為自体は、あんまり褒められたものでないかもしれない。

でも、これが一番ワクワクする!

単純になんか面白そうな予感がするってだけだけど。

 

 

それに勇気さえあれば、怒られたり変化することへの覚悟があるのなら。

届くアプローチ方法を考えて、話しかけたりメッセージを送るだけ。

工程的には、ものすごく簡単なんだよね。

 

確かに連絡が帰ってくる可能性はかなり低いと思う。

けど、何もしてなかったら返事が来る可能性もゼロのまま。

同じゼロなら、やりたいと思えるだけやってみる価値はあるはず。

 

 

自分になんのスキルも実力もないけど、

度胸なら自分にも得られるものだ。

それも今すぐにでも持てるスキル。

ポイントは捨て身になれるかどうかだけ。

 

先日、某メディアで真面目なコメントを実名で晒してしまった僕は、今のところ怖いものはちょっとしかないんだ(笑)

 

 

今のところ考えてるのは、自分が読んだ本で感動したり、聞きたいことがあった人に、手紙やメールを送ること。

誰でもかれでも連絡するのは、しないでおこうと思う。

素直な気持ちで動ける人の場合だけ。

その分、そのときに注ぐ力を集中させるつもり。

 

連絡するんだから、しっかり自分の気持ちや相談したいこと。

その先に自分がなにを得たいのか、その人になにを聞いて欲しくて、なにを話して欲しいのか。

そういった連絡した経緯なんかは、どストレートに伝えたいからね。

 

 

まだまだ計画段階だから、まごついてるけど、

かならず今月中に一人にはメッセージは送ってみるつもり。

 

 

あんまりハッピーライフ厨っぽく、『自分の道は自分で切り開くものなんだ!』みたいなことは言うの好きじゃないんだけど(もう言ってるかな?w)、

自分の面白いと思えることについて、頑張ってみるのはいい事だと思う。

 

 

 

楽しい報告できる日を願って、明日に備えようと思いやす。

 

 

それでは、おやすみなさい。

あ、やっちまったな。って思ったけど、結果オーライだなって話。

 

 

この前さ、とあるメディアに初めてコメントしたんだよ。

仕事の合間に見てるやつで、面白い記事が結構あったりして、なんやかんや楽しみにしてる。

「基本コメントとかついてないけど、いつかコメントでもしてみたいな~」

なんて思ってたわけ。

 

 

そんなこと思ってたら、今の自分の悩みが解消されるような記事が上がってた。

自分はただの平社員だから、その記事を読んでも直接会社の何かを動かせるわけではないんだけど、単純に『確かに!そうだよね!』ってめっちゃ納得できたのよ。

 

 

 

最近の目標が『日々成長、日々進化』なんだけど。

それを意識してるからか、今回はこのノリのままコメントしてみようって思い立っちゃったわけさ。

 

そんでさ、15分ぐらい考えて、それなりに考えてそうだけど、当たり障りないフワっとしたコメントを奉ったんだよ。

それで、「あ~、やっと初めてコメントできた~」とか感慨に浸ってたのね。

 

 

そしたらさ、どこでプラグインしてたのか知らないけど、

匿名で投稿したつもりが、Facebookのアカウントで投稿しちゃったんだよね...

まあご想像の通り、facebookの名前って実名じゃん?

それに気づいて、

『あ、実名で、読者も多くて有名なメディアで名前晒しちゃったよ、やべぇよぉ。ふぇぇ。』

ってなってさ。

 

 

そのメディアに投稿するには、facebookのアカウントからログインしないと使えない使用になってるみたいで、コメントしようと思ったら仕方のないことだったんだけどさ。

匿名で投稿できないってわかってたら、コメントしなかったのになぁ(笑)

 

 って言っても後の祭りなわけだけど(笑)

 

 

結局そこにコメントしたことを、上司の一人が見つけちゃったみたいでw

内緒にしてはくれるみたいだけど、笑いものになったよwww

 

 

結果として、自分でコメントしようと思ってしたから後悔は少ないんだけど、勢いってこわいなーって素直に思った。

けど、こういう後先考えずに勢いで走るってものすごく大事!

今回みたいに『コメントをしてみるっていう実験』はどこでも簡単にできることなんだけど、そこで安全性を高めてリスクを取らずに試すのって、あんまり効果がないように思うんだよね。

 

実際、今回実名でコメントをしたことによって、なにかしらの変化を感じてる。

今までしなかったことであり、自分が避けてきたことに挑戦するって勇気が必要なのね。

それは誰でも当てはまることだと思う。

それは、その行動が勇気が必要だって感じてるから恐怖不安がでてくるじゃん。

けどその勇気を振り絞らずに大胆な行動に出る方法が、勢いを利用すること。

 

そのときって後先も考えられてないし、以外と感情だけで突っ走ってて、言葉では言えないけど、ある種焦り的な何かが生まれる。

その焦りが生み出すものって、本質というか、ものすごく人間味があって面白いものが生まれるとぼくは思うわけ。

 

 

いっつもかっつも勢い任せにやるべきではないと思うけど、

ここぞってときに感情に任せて動ける準備は絶対持っておく方がいい。

それを繰り返すことによって、どんどん勇気が必要とわかっている場面でも突撃できるようになってくるんだよ。

 

僕の場合は、そんなに修羅場的ななにかを潜ってきたわけではないけど、

ボーイスカウトとか、入学式とか、就活とか。

そういった場面で、それなりの人前で話す機会が多かった。

本当は恥ずかしがりだけど、人前で緊張してるって理解しながらも、それを楽しみながら話せるようにはなった。

 

これも、自分からやります!って言ったことはほとんどない。

ジャンケンで負けたり、その場の流れでってことが多い。

そこで自分にお鉢が回ってきたってことは、見込みがあるって証拠。

「お前なら行ける!」とか「ミスったらおもろそうw」とか。

内容は人それぞれだと思うのね。

だけど、何か結果を残せる可能性を秘めてるって感じてるから任される流れができるんだと僕は思う。

 

 

やってみて、成功したこともあるけど、失敗もたくさんある。

そのどっちも自分にとってはプラスの効果をもたらしたんだよ。

うまくいったときは、周りから褒められたし、選考に通過したり。

失敗したときは、友達が増えた(笑)

 

大事なことは、自分に順番が回ってきたときに、

「んじゃ、やってみるか!」って勢いで返事しちゃうことなんだよね。

んで、やってみたら意外とどうにかなっちゃうわけ(笑)

そのどうにかってのは結果はどっちでも良いのよ。

大切なのは、自分なりに一生懸命やってみることだけ。

 

必ず糧になる。

それは絶対だ。

 

 

環境的に、人前で何かするとか、なんかに挑戦するってできてないんだけどね。

これを機にもう少し攻めた人生にしていければ良いなって思う。

 

 

 

なんか、失敗談を話そうって思ったんだけど、

こんな内容になってしまったw

 

やっぱりネガティブを纏ったポジティブおしゃべりクソ野郎なんだろうなww

 

 

まとまってないけど、これも勢いの力ってことで!

それではおやすみなさい!!

AIなんかより副業・複業に仕事が奪われちゃう。

 

 

 

未だAIに関連する話題の熱が覚めないけど、僕はAIが作業的な仕事を取ったとしても、そこまで仕事がなくなるって思ってない。

 

専門家からすると、「何のんきな事言ってんの?」って言われるかもね。

 

 

AIの技術が行き渡るまでにそれなり時間がかかる。

プレミアムフライデーだって日本全体の1割に満たない数しか適用されてないし。

 

それにそのメンテナンスだとか、技術が生まれればそれに伴って管理する仕事も生まれるはず。

 

 

AIが新しい仕事を作るきっかけになったりするんじゃないかなー?

とか思ってる。

 

 

 

でも、それより仕事が減るかもって思う怖いものがある。

副業・複業

 

そう、これ。

僕のような特に手に職がない人で、営業とかしかやってない人はなかなかに危ないと思うわけ。

 

続きを読む

休日の電車はイヤホン外してみませんか?

 

 

この頃いっきに気温が上がって背中の汗が止まらない季節になってきた。

 

 

暑さとか関係なくみんな都会の人は電車を使うことが多いと思う。

 

 

一人で移動するとき、

みんな音楽は聞いてるだろうか。

たいがい聞いてるよね。

 

 

けど、休みの日はぜひイヤホンを外してみんなの話し声に耳を傾けてほしい。

 

何がとは言わないけど人の話してるの聞くと結構面白い。

 

おばあちゃん達の話題のネタはどんなやつなのか。

カップルがこれからどこに行くのか。

可愛い子がどこそこのスイーツにハマってるだとか。

 

 

なんの変哲も無い話なんだけど、「へー。」って思うようなこと意外とある。

 

 

 

この話するとたいがい「変態なの?」って聞かれるんだけど、美味しい情報って実はそういうところに転がってるもんだと自分は思う。

 

 

そして、僕は変態ではないけど、少しだけ変人の血が混じってるとは思う(笑)

 

 

カップルの痴話喧嘩聴くのが好きだし、

いやらしい服を着たお姉ちゃんをチラ見してるおじさんを見てる人を探すのが楽しいし、

夜の電車で窓越しに美人なお姉さんと目が合うか試すのが好き。

 

 

回りくどさに定評があるのは、こういう行為の賜物かもしれない。

 

 

気が向いたらみんなもやってみてほしい。

楽しいかどうかは10分もすれば気づけるから。

 

 

今のところ賛同者はいません(笑)

 

 

それでは。