読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生は実験の連続である。

『明日は今日と違う自分になる、だよ。』byマックス

麻雀素人が放銃を減らす簡単な方法。

 

最近また麻雀を打つようになりました。

ええ、安心してください。

負けてます(笑)

 

 

僕の実力は、素人に毛が生えた程度です。

勝つときは勝つんですが、本当に運勝負です。

勝ててるときは、いわゆるドラ麻雀だったり(笑)

 

勝ったとは言うものの、

あまり褒められたものではないです(´・ω・`)

 

 

 

さて、そんな素人の僕が素人さんに向けて、振り込みを減らす簡単な方法を紹介しようと思います。

ちなみに、2つ紹介します!

 

 

麻雀を始めたばかりの人、どんな悩みがあるでしょうか?

麻雀を始めて、役や点数を覚えることと同じく壁となるのが、安全牌と危険牌の区別だと思います。

 

ましてや黙聴、闇聴で待たれていては対応しづらいとは思います。

正直、素人にはそんなの厳しすぎる(笑)

なので、そこは無視ww

ですが、紹介する方法を試していくうちに、なんとなくテンパってるか、少しはわかるようになるはずです!

 

 

と、いうわけで。

スジ、裏スジ、またぎスジ、間四軒などなど、

アタリ牌を予測する方法があると思いますが、そういったロジックを無視した、放銃を避ける方法を紹介します( `・ω・´ )

 

 

 

 

 

まずは、大雑把な避け方から紹介です!

 

河に捨てられてない種類の牌は出さない!

 

まず大前提として、素人の我々ではアタリ牌を予測することは困難すぎます。

けど、自分がそうだったんですが、初心者はアタリ牌を読もうとしすぎるんです。

上手くなればなんとなく危ないところはわかるようになったりします。

そこに辿り着いても危険牌の候補が絞れてるだけで、正確に言えばアタリ牌を把握できてるわけではありません。

 

 

なので、大事なのは

『何が危険牌なのか?』

ではなく、

『何が安全牌なのか?』

という思考です。

 

そう考えると、上がれないにしても避けることは比較的簡単になってきます。

 

その思考になって、僕が最初に始めたのは

リーチをかけた人や、他家の河をよく見ることです。

数巡して、河を見たときに

「あれ?妙に筒子が少ないな...」

と思えば、そこからなるべく筒子は吐かずに、筒子で手を広げるようにします。

 

極端に一つの種類の柄が少ないとき、誰かが染めてる可能性は高い。

そうでなくとも有効牌である可能性は高いので、不用意に鳴かせることもよくありません。

 

字牌なんかも1枚も出てなかったら、安易に捨てるのは良くない。

単騎待ちだったり、七対子、シャボ待ちの場合はオタ風牌で待ってたりするので、気をつけて損はありません!

 

とりあえずこれを意識して、河を俯瞰して見れるようになれば、見違えるように振らなくなります!

これは確実です。

 

 

上手い人の捨て牌を見る!

 

 この方法は最近見つけたんですが、、、

 『手も伸びず親リー入って、現物も安全牌も無さげ』

こういったとき、本当に何を切っていいかわからないってときに、自分より上手い人の捨て牌を見て、真似たり活かすとどうにか乗り切れます(笑)

 

 麻雀で大切なのは、テンパイをとれるかどうかが凄く大切です。

上がることももちろん大切ですが、攻めすぎて足元を掬われるのは良くないです。

そして、上がるチャンスを作るためにも、テンパイが重要。

また、拮抗した状況ではノーテン罰符を払うか否かも勝敗に大きく関係します。

 

要は、如何に点数を払わず、点数を増やすかが大事なわけです!

当たり前なんですけどね(笑)

 

 

それを素人である自分達が達成するために役立つのが、麻雀が上手い人の切り方を観察することだと思うわけです。

 

ちょっと話が逸れるんですが、

麻雀が上手い人ってどんな人なのか...

 

僕はテンパイ率が高い人だと思っています。

麻雀が強い人って意味だとまた違いますが。

運も必要かもしれませんが、回し打ちができなければテンパイ率はガクッと下がります。

常に自分に都合がいい状況でないので、テンパイをとろうとすれば、攻めと守りの力が両方必要です。

 

 

攻めてるわけでもないのに、やけに危なそうな牌をスッと捨てる人は麻雀が上手い人だと言えるでしょう。

 

 

話を戻します!(笑)

 

その上手い人の捨て牌がポイントになります。

またしても捨て牌ですねw

 

例えば誰かがリーチをかけたとして、上手い人が切る牌を見て、その牌を選んだ理由だったり、因果関係を自分なりに探ってみます。

 

するとなんとなく、

「このあたりは平気なのかな?」

とか、

「逆にこっちは通らないのかな?」

だったり。

 

その人の捨て牌を基準として、自分なりの避ける感覚やロジックを鍛えることができます。

上手い人でも振り込むことは普通にあるので、安全とは言えませんが、勉強になることは確実です!

 

ただこの方法の弱点は、そういう見方をしてるとバレると、逆に狙い撃ちされることがあるので気をつけましょう(笑)

 

 

まとめ

 

ちょっと語りがあったかもしれませんが、

簡潔にまとめてしまえば、河をよく見るってだけです(笑)

 

下手に予想したり相手の仕草から読もうとすると、うまくいかないことの方が多いです。

なんせ、素人ですからねw

 

逆に捨て牌は何よりも有力な情報源です。

どんな手を狙ってるのか?

牌の枚数。

全体的な流れ。

 

また、自分の手牌に集中しすぎないように、顔を上げて麻雀を打つ練習になります。

 

普通に素人の癖に偉そうに語りましたが、

この方法で劇的に振り込みが減りました。

攻めるのは少しやりづらくなりましたが、点数を保持しておかないと攻めるに攻められないときもあります。

 

スジとかそう言うのは、あとから勉強したので間に合います。

知りたくなった時に学ぶ方が効率が良い。

まずは防御の面白さが感じられれば、自然と学んでいくと思います!

 

なので、初めはこんな簡単な方法からスタートをオススメします!

 

 

それでは、楽しい麻雀ライフがあらんことを!