トクノート

日記とか考えたことを書いてます。備忘録的なもの。

自力と他力と雑談、これが人間関係のミソ。

 

 

うちの会社の上司に、これでもかって程馬が合わない人が居る。

 

 

僕はその人と仲良くなりたいと思ってるけど、

なかなか上手くいかない。

それを見かねたとある先輩が相談に乗ってくれた。

 

その人はそういう人あたりが上手くて、

キャラ的にもいじられキャラとして社内でのポジションを確立してる人。

 

その先輩から教わったことをまとめてみる。

その人曰く、「お前はもっと人に頼れ」とのことだった。

 

 

 

 

 

自力は評価されるが孤立する

頑張ってる姿ってのは、評価される。

結果主義の世の中になりつつあると思うけど、やはりそういう姿勢は評価に値する。

 

けど、人に頼らないってことは、

話しかけづらさを助長してしまう。

 

本人がどう考えてるかは別として、

日頃頼らない人に対して、『頼る』という行為を嫌ってると思われがち。

そして、助けてあげようと思ったとしても、「大丈夫です!自分でやります!」

って言われる気がして手を差し伸べるのも億劫に感じたりする。

 

自分でやろうとすれば必ず実力がつく。

けど実力ってのは活かされなきゃ、宝の持ち腐れだ。

 

 

 

人を頼る力では、プレイヤーにはなれない

ここは持論。

人に頼ると、頼る力が身につく。

頼り方が身につくって感じ。

 

けど、実際にやらないと対応スキルが磨かれない。

知識もつかない。

やり方はわかっても、それ以上がない。

 

その中に関連する対応力がなかなか上がらないと思う。

前に営業を経験して、その会社を辞めて。

自分の実力で仕事を取らなくてはいけなくなったとき、僕は何もできなかった。

営業をしてた会社でそれなりの結果が出てたから天狗になってた。

営業するチャンスを作ることだったり、資料を作るかことだとか、そういうスキルが足りなかった。

 

それも一つの理由なんだけど、

1番自力でやることのメリットは『楽しさ』だ。

ゲームをしてる人を見たら、自分もやりたい。

楽しそうにしてる人たちを見たら、自分も中に入りたい。

 

その環境を作るよりも、自分もプレイヤーとして関わりたい。

その範囲を広げる為にも、なるべく自力で頑張るのが大切だと思うわけで。

 

そして、頼れる人が居ないときは、

尚のこと自力がなければスタートできない。

発想があっても最初は誰しも一人だ。

協力をして欲しいときも、『面白そうだね、協力するよ』と思ってもらえるモノをまずは自分が用意する必要があるしね。

 

 

 

何気ない会話が、信頼を作る

実績や、必要な分の対話だけでは、本来の信頼を作ることが難しいらしい。

 

仕事における信頼は作れても、信用が生まれないんだそうで。

 

この言葉は借りたものだけど、

【信頼は予想できないけど、信用は予想できる】

というのを聞いたことがある。

 

信頼は、これこれできる『だろう』と考える。

期待だとか、可能性だとか、予想。

信用は、こういう人間だからここまでやれるだろう、というある種安心感がある。

 

ポイントは安心という部分。

 

人がもっとも恐れることは、【わからない】という部分。

お化け屋敷が怖いのは、何がどこから出てくるかわからないから。

「階段の脇からオバケがでるよ」

と教えられたら恐怖はなくなる。

新しいことを始めるときに臆病になるのは、どういう結果になるか【わからない】から。

結果がわかってれば、やりたいかどうかで、気負わずに行動を選択できる。

 

その【わからない】を減らす為に、情報や実績を集める。

 

けど、この仕事における信用は、ビジネスライクな会話ではなかなか生まれない。

人間性が不明だから、何を考えてるのかわからないから。

 

その信用を培うのが、何のことでもない日頃の雑談だ。

 

気軽に話しかけられる関係性の構築もさるこたながら、人となりが見えることが頼むにも頼まれるにも大事になる。

そういう点では、ボソボソ喋らずハキハキ話すとかも自分のことを知らせるってところで人間関係では重要な部分かもしれない。

 

 

 

それを聞いた結果は...

先輩からその話を聞いた次の日。

アドバイスを元に仲の悪い上司にアプローチをかけた。

 

何気ない会話を仕掛け、困ってることがあったので相談して助けた欲しいと頼む。

 

すると思った以上に話してくれて、

いままでのイメージでは一言で交わされると思ってたのに、予想以上の結果に。

 

二人しか居ないときに話しかけたのが功を奏した部分もあるかも。

会話の対象が自分しかいなかったから、話しやすくなったのかな。

 

これを機に、加速度的に関係を作ろうってのは難しいだろうけど、うまいこと関係を作っていきたいところ。

 

 

その人は効率も良く、あまり人を頼らない人だから自立することで関係を作れると思ってたけど、どうやら違ったみたい。

 

会社や学校で、苦手な人だけど仲良くなりたい人が居るとしたら。

自力か他力+雑談を駆使して、アプローチをかけると意外と近づけるかもしれない。

 

 

自然とコミュニケーションを取ってると思ってたけど、存外考えた上で行動してるんだなーと関心した出来事でした。