トクノート

日記とか考えたことを書いてます。備忘録的なもの。

マッチングアプリは『恋愛の練習』に使うのがベスト!

 

 

昨日、日本のマッチングサービスの現状に対する愚痴を晒したわけだけど。

お伝えした通り、自分なりのマッチングアプリの有用性を語ってみる。

 

ちょっとマッチングサービス使ったぐらいで何を言うんぞ?

って思う人もいると思う(笑)

けど、一応8個ぐらいは、マッチングアプリを試した経験があるんだよ!

そんでちゃんと課金もしたし、それなりの人と会ってみたりもした。

業者の人とは会ったことないけど、ちゃんと?ネットワークビジネスやってる人とも何人か会ってる(笑)

 

 

その経験則から、導き出した答えは、、、

『マッチングアプリは、恋愛の練習に使うべし!』

ってこと。

 

今まで、出会うために課金するのはちょっと...

と思ってたりしたんだよね。

でも、この感覚で使うようになって逆に「投資だ!」って思って、課金できるようになったんだよね。

一人で飲みに行ったりして、コミュ力の向上を図ってたことも効果があったのかもしれないけど、やっぱりアプリで培ったものは大きいと思う!

 

んで、マッチングアプリでの成就を狙うのは意外と難しくて、

アプリで鍛えてから、狙うはリアルでの成就がベストだと思うわけ。

 

 

ここからは、自論をつらつら書いていくので、

伝えたいことはその一言にまとまってるからブラウザバックもお勧めですw

でも、読んでくれたらすごく嬉しい(^.^)

 

 

あ、こんなこと言ってますが、彼女はいません。

もう4年はいません(笑)

 

 

さて、さっそくだけど。

なんで恋愛の『練習』として使うのが良いのか。

どうしてその答えに至ったかというと、、、

 

ポイントは4つ。

  • メッセでは良いなって思うけど、実際会うと「う~ん?」ってなる。
  • 男女含めて、遊び感覚の人or日常生活で出会いがない人orなんとなく使ってるが利用してる。
  • アプリの方が現実より、リアルで残酷。
  • このアプリで初対面恐怖症を克服できた。

 

その中でも、一番大きい理由は、2つ目に書いてる利用者層の部分。

 

同姓の人をチェックするのは難しいから、女性を対象に話すけど、、、

男性陣はそれなりに使ってると幾つかパターンというか特徴が見えてくると思う。

例えば、ディズニーがすごい好きだったり、ちょっとメンヘラっぽかったり、極端に受け身だったり、妙にハッピーライフ感出てたり、趣味とかはなさそうだけどそんなに見た目に無頓着そうだったり、この人普通に美人やしモテるやろ、とか。。。

ちょっとディスってるように聞こえるけど、そういう特徴が見えてくるようになるはず。

 

タイプを分けるとしたら、3つの分類にわけることができる。

さっき挙げてた3つ。

  1. 遊び感覚勢(連絡とりたい、顔見たりマッチするのを楽しむ、流行り、etc)
  2. 日常で出会いがない(出会いの場に居かない、趣味が偏ってる、理想が高い、etc)
  3. なんとなく(特に恋愛も出会いも求めてなくて数日でほぼ放置、etc)

そんでアクティブ率で言えば、2>1>3の順番だと思うのね。

 

自分も癖が強いタイプだから人のことはとやかく言えないんだけど、

やっぱり普通に生活してて相手が居ないとか出会いがないってのはちょっと癖が強い可能性が高い。

その癖ってのは、趣味だったり性格の場合もあるんだけど、一番大きな癖は『理想が高い』ってところにあると思うんだよね。

言わば、その異性の好みとか、そのハードルの高さは趣味や性格にも現れてくるものだと感じることが多い。

だからこそ、癖が強い人だとどことなく警戒してしまう。

けど、普通な人は普通な人を選ぶし、恋愛においてボリュームゾーンだからわざわざマッチングアプリ使ってる人は少ないみたいだけど。。。

 

ちょっと偏った意見だけど、そんなに間違ってないと思うのよ。

この2番のユーザーの中からお互い良いなと思える相手を見つけることって難易度高いと思わない??

でもそれなりに出会いを求めてる人は、この2番のユーザーが多いくて、

1番と3番はそこまで出会うことに積極的ではないから上手くいく率が少ない。

 

 

ちなみに、全てのユーザーに当てはまることだけど、

顔が良い人は、男も女もかならず人気になる。

そういう人はどの層の人も、ひとまずライクするから引く手数多。

顔が普通な感じな人でも、トークが上手かったりすると実際に会ってみようって話に自然となるらしくて、対面率が非常に高い。

 

ここまで話すと、なんとなく道筋が見えてきたと思う。

マッチングアプリだと把握できる情報が少ないから、、、

  • 相手の気を惹きつける魅力があるかどうか。
  • マッチした人と会話を構築できるスキルを持っているか。

のどちらかのスキルを擁した人間が美味しい思いをできる可能性が高いわけです!!

これってよくよく考えたら、現実のモテ構造と同じだと感じませんか?

むしろ、それがより分かりやすい形で現れる。

 

知り合いの人でマッチングアプリで結構うまいことやってる人は、

普通にリアルでもモテる人なんですよねww

だから、僻みでもあるけど、バーチャルの方がより残酷な結果をもたらします(笑)

そこまで考えなくても、

『結構良いねしてるのに、全然マッチしないな、、、』

『いいねをくれるのは嬉しいけど、正直全然タイプじゃない。。。』

って状況になる人は多いと思うから、その時点で現実たたきつけられるよねw

 

 

さあ、かなり夢のないかなしい話をしてしったんだけど、こっからは救いのある話。

さっき言ってた状況を逆に利用することで、モテるスキルを磨くことができると僕は思うんですよ。

 

晒せる情報が少なく、仕入れられる情報も少ない中で、いかに相手に振り向いてもらうか。

 

それを考えながら、何回もチャレンジを繰り返せるのがアプリの良い所!

ちょっとチャラく接してみるとか、顔文字使うとか、話し方の口調を変えるとか、趣味の紹介の仕方を工夫してみるとか。

試すチャンスが多い割に、リスクや疲労が少ないんだよね。

現実でそれをしようとしたら、もし飲み屋でいろいろ試してみようと思っても、周りの目とかそのチャンス逃したらって考えると動きづらいったらありゃしない。

 

けど、マッチングアプリなら、ダメなら次!のサイクルが早いからチャレンジし放題。

うまく行けばメッセージが続いたり、デートまで持っていける。

作戦が失敗したら、ぷつっと相手から引いてくれるので、失敗が分かりやすい。

 

慣れてくると自分と話の波長が会う人もわかってくるし、

それなりにメッセが続くようにもなってくる。

 

 

自分の話をしちゃうけど、初対面の女の人と話すの本当に苦手だったんだよね。

仲良くなったらすごい話すんだけど、初対面って男性も苦手で女性は更に苦手で、、、

ただ、このアプリで何人か会うにつれて、コミュニケーションのハードルがすごく下がった感覚があった。

 

むしろ、「この人はこういう会話が好きなタイプか~」とか、

余裕持って話できるようになったんだよね。

まだまだ、トーク力とか相手に面白いって感じてもらうコミュニケーションができてない部分は多いけど、初めて使ったときから比べると格段に成長してる気がする(笑)

 

 

彼女とかはできてないから、説得力とかはないかもだけど、

マッチングアプリで会話力はかなり上がったと自負してる。

まだまだだな~って思うから、最近またマッチングアプリ始めたし(笑)

 

個人的にお勧めなのはTinderなんで、時間ある人は使ってみると良いかも。

無料でできる範囲が広いし、十分に真面目に楽しめると思う。

 

今1年ぶりに始めて、一週間しか経ってないけど、

それなりにマッチしてるし連絡も取れてると思う。

実際会うかどうかはわかんないけど、まだまだ成長の余地がありそうだからちょっと楽しみだったりする(笑)

 

 

あんまり出会えないことは、デメリットでもあるけど、

使いようによってはかなりのメリットがあるからみんなもお試しでもやってみてほしいところ。

 

 

答えはオープニングで宣言してるから、まとめ的なのはないよ!

長くなったけど最後まで読んでくれてたら嬉しいです。

 

 

では、また数日後~