トクノート

日記とか考えたことを書いてます。備忘録的なもの。

寂しいのでブログを公開します!

 

どうも、とくちゃんです〜

 

阿佐ヶ谷、東京を離れるのが寂しすぎるので、

放置してたブログを再開します!

そして、匿名でちょぼちょぼやってたこのブログを公開することにしました!

 

たまに見にきて、

「あー、あいつ頑張ってんな〜」

とか思ってもらえたらな、って思います(笑)

 

Facebookとか、Instagramとか、、、

SNSは基本的にロム専になりがち。

自分も何か発信したいけど、オピニオン的なものが多くなりそうなのでブログの方が良いのかなと。

 

 

公開最初の記事は、阿佐ヶ谷生活の思い出話的なのと、実はこんなこと思ってました!ってのを書いてみます!

 

久々に長めの記事だ〜

 

 

 

 

グッバイ東京、期待と寂寥のミックスジュース

 

東京を離れることが決まって、早くも3週間が経ちます。

でも、「まだ3週間なのか...!」

って思う気持ちもあったり。

 

実は今年のお正月に、今回仕事に誘ってくれた人から、「一緒に仕事するのってどう?」と声を掛けられてました。

ちょっとした小話だったにも関わらず真剣に考えてたのが懐かしい。

あれからまだ1年経ってないのが、一番の驚き。

 

 

今回、自分の社会人人生においての大きな決断をしました。

東京生活を手放すこと。

初めてまみれの仕事をすること。

大学で東京に出てきてるとまた違った感覚なのかもしれない。

けど、あんだけ必死こいてしがみついた東京を離れるのはやはり寂しさと不安が募ります。

だって、たった4年ですよ。

まだまだ楽しみきれてないんだよなぁ...って思うのも仕方のないことやんね。

 

 

 

ただ、悲しいことばかりではありません!

自分の中で新しい仕事への期待感もかなり高まってきてます。

単純に今までやってみたかったことが、てんこ盛りな仕事なんです(笑)

しかも、採用決まった後、数ヶ月前に書いてた『自分が働きたい環境』というタイトルのメモを見返すと、見事に全部叶ってる。

12〜13項目ぐらいあったのかな?

それが余すことなくクリアされてることに、会社の昼休み目を見開いて固まったのを覚えてます。

 

そんなの頑張りたくしかならいでしょ。

不安もさることながら、同じかそれ以上のやったるぞ!って気持ちが強い。

 

 

毎日何かしらが決まっていく中で、

1日のうちに何回もワクワクと、寂しさが溢れ出ては飲み込む日々。

心の動きが活発すぎて、落ち着かせるためのタバコが増えてるのが悩みです(笑)

 

 

けど、日に日に募る気持ちは、不安や期待だけじゃないんですよね。

 

 

 

阿佐ヶ谷は第二の地元

 

寂しさを感じながらも、徐々に退職の話、次の仕事の予定はどんどん決まっていく。

まあ自分が早足で進めてる部分もありますが(笑)

その過程でしみじみと阿佐ヶ谷や阿佐ヶ谷で出会った人への感謝が膨らんでます。

 

いろんな相談をさせてもらった人、遊びに誘ってくれた人、会ったらいつも乾杯してくれるみんな。

少ししか話せてない人もいるけど、ふとした時に思い出がフラッシュバックして、いろんな景色が頭の中に流れてきます。

 

 

ちなみに、どのぐらいの感謝なのかと言えば、

阿佐ヶ谷が好きだってことを、阿佐ヶ谷の人達が好きってことを杉並区役所に文書として送ろうかと思うレベル(笑)

 

なんか、自分で書いててことのデカさが把握しづらい気が...

 

 

いつでも居る奴じゃなかったけど、

それでも阿佐ヶ谷は自分を前に進ませてくれた大切な街です。

阿佐ヶ谷に住んでなかったら今の自分はなかった、と断言できる。

何かを成したわけでも生み出したわけでもないんだけど、振り返ってみるとだいぶ変わったなーと思うわけです。

 

 

ちょっと昔話をさせて下さい(笑)

 

心と体の疲労がピークに達して、爆発しそうな気持ちが背中を押すように、なんでもない日に一件の呑み屋に入ったのがきっかけで街に出るようになった。

何も知らんかったけど、実は飲み屋さん祭りの初日やったんよねw

 

「飲み屋さん祭りですか??」って聞かれてなんのこっちゃ分からず、

「え、なんのことですか?」って答えたあたりで一人で入った不安とかもろもろどっか行きました(笑)

 

そこから、そのお店の人やお客さんが元気付けてくれて、支えてもらって、元気になって。

元気になったら、新しいお店に行くようになって、さらに多くの人と知り合えて。

人と会うことがしんどいと思ってたのにいつの間にか、人と会って話すことが幸せに感じるようになってました。

 

自分にとっては、もはや第二の地元です!

会社の飲み会に参加してても、

「早めに切り上げて阿佐ヶ谷で呑みたい...」

とよく考えるぐらい(笑)

 

だから地元に帰るはずなんだけど、「行ってくる」って表現の方がしっくりきてたりする。

 

その「行ってくる」には修行的な意味も含まれてる。

 

 

実は悔しさを感じてました。

 

 

阿佐ヶ谷の人達と仲良くなると、その人が何をしてる人なのかを知るようになりました。

普通にすごい人、実は凄い人、面白いイベントやってる人、 昔こんなのやってました!って人。

普通に飲み屋であって話してるだけだと、わかんないことも多いけど、知れば知るほど阿佐ヶ谷の人ってみんな凄い!し、面白い!

 

ホントに尖ってない人がいない街だな(笑)

っていつも感じる。

 

その中で、自分はどうだろう?って考える日が増えました。

「自分もなんかやりたい!」って思うようになったけど、、、

意外と自分から発信することが苦手で逃げてきたから、怖くて動き出せませんでした。

そういうのやったことないから段取りわかんないくせに、人に頼るのが苦手だから足踏みばっかり(笑)

踏み込みすぎて深みにハマっていってる自分に気づいたのが3ヶ月前ぐらい?だったと思う。

その現状に気づいてるのに動き出せないことにストレスを感じ始めてました。

 

だから、少しだけ飲み屋に行く回数を減らしたりしてました。

阿佐ヶ谷はパワーがある人で溢れてるから、店に行けば何かしら新しい情報が入ってくる。

周りの動きと自分の滞りのギャップが辛いなと感じてました。

 

そんなとき、ある会社の社長さんに会いたくて、勇気を出して連絡したら奇跡的に時間をもらえて。

そのときは自分の無力さを痛感させられたんだけど、それ以上に自分の力で一歩を踏み出せた満足感に、心のコップに少し水が湧いたような気分でした。

そしてたったそれだけだけど、自分の中で歯車がカチカチと動き出しました。

するとどんどん自分だけでなく周りの環境も動き出して、あれよあれよと転職。

 

仕事だったり阿佐ヶ谷の街から生まれた悔しさが自分を奮い立たせてくれたんだと思います。

 

 

僕もおもろい奴になってくる!

 

いろんな感謝が詰まった東京。

ありがとうって言うだけだと、自分の中では物足りない。

やっぱりその感謝を形にするには、僕が今までもらったものを活かして成長することなのかなって思ってます。

 

まだまだひよっこだけど、今度は自分が誰かを支えられるようになりたい。

その為にも一つ自分を表すものを身に付けたいなと思います!

 

ゆくゆくのことは全然わかりません。

もしかしたら、東京に戻ってくるかもしれない。

はたまた海外なんかで仕事をしてるかもしれない。

 

けど、やっぱり年に一回は阿佐ヶ谷に行けたらなーって思います。

そのときまた、乾杯してください!

 

 

まあ、すぐ離れるわけじゃないし、10月いっぱいぐらいまでは東京居るので、飲みに行ってください!(笑)

今回のブログは決意表明ということで!

 

 

 

あとがき

 

初めて知ってる人が読むかもしれない記事を書きましたが、くっそ恥ずかしい!ww

実名でブログ書いてる人すごいな(笑)

 

これも何気大きな一歩だったりする。

恥ずかしいとか、なんか思われるかもって不安より、自分がそこに居たことをどうにか残したい気持ちが勝りましたww

 

本当は読み返した方が良いんだけど、まだ恥ずかしすぎるのでもう投稿します!

 

FBとかは毎回シェアするわけじゃないと思うから気が向いた時に見てもらえたら嬉しいです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

それでは〜。