トクノート

日記とか考えたことを書いてます。備忘録的なもの。

センス=目線 なのかもしれない。

 

 

『センス』って、みんなはどう捉えてるんだろうか??

 

「あの人はセンスがある」

「自分にはそういうセンスないから...」

 

近い言葉で才能ってのもあるけど、そういう言葉がニュアンス的すぎて逆に良くも悪くも都合よく使ってしまってるんじゃないか?って感じるときがあります。

 

 

かくいう僕は特にセンス的なものがありません。

他の人が見たらあると感じる人も居るのかもしれないけど。

センスがない分頑張ることで補ってるつもり笑

向上心を褒められることはあるから、もしかしたらセンスと言っても良いのかもないですね。

 

 

さて、センスって言葉をもっとわかりやすい言葉に置き換えられないかなと日頃から考えてました。

なかなかしっくりくる答えがなかったんですけど、この前ヒントが見つかりまして。

 

 

とあるアパレルのデザイナーさんで、周りの人から「あの人はセンスある」って言われてる人が居ました。

センスの所以は、他にないデザインを提供してるって部分にあるみたいです。

その人の話を聞いてると、「他にありそうでないじゃん?」とか、「他がやってなさそうだし、面白そうかなと思って」といったフレーズがちょこちょこ出てくる。

 

実はそれが服に限ったことでなくて、娘さんが居るんだけどその子の名前も「キラキラネームではないけど、他にいそうで居ない名前を付けたくて...」って言ってたんですよ。

もしその人がブログ読んでたら「俺のこと?笑」ってすぐ分かるやろなww

 

それを聞いたときにビビビッときて。

「服だけじゃなくて、常にその目線で見てるのかも!」って感じました。

 

 

いろんなことに対して、『他にないものを』って考えてるからそういったアウトプットが生まれる。

もちろん、今の形に至るまでにもちろんのこと努力や研鑽があったはず。

センスがあるから成功するとは限りませんからね。

 

 

けど、その視点というか、観点ってのがセンスなのかなーとなんとなく腑に落ちました。

別の言葉に置き換えるなら、こだわりとか、思想とも言えるかもしれない。

 

これを最もわかりやすくしたものが、自分にとっては『目線』

 

 

少し自分のことを話すと、

「僕らは男女である前に人間だよね」って目線で周りを見てます。

賛否両論あるだろうけど、TPOに合わせて適した人が役割を持つのが良いって考え方。

 

例えば、重い荷物を持つ場合...

男性と女性の二人のうちどちらかが荷物を持つとしたら、筋力のある人が持てば良い。

状況にもよるから、相手の女性に良いところを見せたいと思う男性であれば、男性が持てば良いといいって感じ。

男だから、女だから、ってのがあんまり好きじゃない笑

 

この視点は他にも思ってる人がいると思う。

僕の場合は、この視点が自分の服装にも現れてるのかなと感じることがよくある。

その目線を維持して自分のスタイルが出来上がったときに初めて、よく言う『センス』として周りに認識されるんじゃないかな。

僕らがセンスと呼んでるものは、センスから生まれたスタイルであって、センスそのものじゃない。

 

だからセンスってのは、もっと根源的なものなのかも?ってところで腑に落ちました。

 

 

ってことは、誰しもがセンスを持ってる。

そのセンスを何を使って、どうやって、表現するか。

それを信じて磨けるか。

この辺りが『センスのある人』に近づく一つの考え方だと感じました。

 

 

これから社員ではあるものの、お店を任されることになるし、表現する側に立つことになります。

 

「この人センスあるなぁー」

って思ってもらえるような人になりたいところですね...

 

 

それでは、また今度。