日記月書

日々のあれこれ。

死ぬこと以外はかすり傷

 

 

タイトルの台詞は、知人のもの。

30歳までにこの言葉を、自分のものにしたい。

 

 

今の会社に入って、「僕ってこんなに仕事できないっけ?」と思うぐらい失敗続き。

けど意外なことに、へこたれるよりも前に進んでる感覚の方が強い。

 

 

会社からすると、全然利益を生み出してないからお荷物なんだろう。

でもよくよく考えると、失敗を感じる為には『自分で決めて行動する』ということが大切だと気づき始めた。

 

失敗はチャレンジした時にしか、得ることができない感覚。

誰かに言われたことで失敗したときは、自分の所為でもあるけど、指示をした人の責任をどうしても追求しがち。

「だって、あの人がやれって言ったから」みたいな。

 

 

失敗から目を逸らさない。

それを乗り越えるために、一回は努力してみる。

意外と一歩踏み出してしまえば、乗ってくることもあるんだし。

 

 

失敗は、取り戻せる。

後戻りはもちろんできないけれど、後で取り戻せることが多い。

むしろ、失敗のカバー次第で自分のスキルはグッと高まる。

 

 

まだ死んでない。

恥ずかしいこととか、けちょんけちょんな結果になっても。

まだ僕は死んでない。

 

なら、またチャレンジできるということ。

次は違うやり方で再チャレンジ。

ダメなら、また別の方法。

次こそ。次こそ。次こそ。

 

 

結果が出るのはいつか分からないけど。

そういう頑張る自分を応援できる人間になりたい。