トクハック

人生の隅っこを豊かにするライフハック。どこかの、だれかに、いつか、役立つかもしれない情報をお届けします。

センス=目線 なのかもしれない。

 

 

『センス』って、みんなはどう捉えてるんだろうか??

 

「あの人はセンスがある」

「自分にはそういうセンスないから...」

 

近い言葉で才能ってのもあるけど、そういう言葉がニュアンス的すぎて逆に良くも悪くも都合よく使ってしまってるんじゃないか?って感じるときがあります。

 

 

かくいう僕は特にセンス的なものがありません。

他の人が見たらあると感じる人も居るのかもしれないけど。

センスがない分頑張ることで補ってるつもり笑

向上心を褒められることはあるから、もしかしたらセンスと言っても良いのかもないですね。

 

 

さて、センスって言葉をもっとわかりやすい言葉に置き換えられないかなと日頃から考えてました。

なかなかしっくりくる答えがなかったんですけど、この前ヒントが見つかりまして。

 

 

とあるアパレルのデザイナーさんで、周りの人から「あの人はセンスある」って言われてる人が居ました。

センスの所以は、他にないデザインを提供してるって部分にあるみたいです。

その人の話を聞いてると、「他にありそうでないじゃん?」とか、「他がやってなさそうだし、面白そうかなと思って」といったフレーズがちょこちょこ出てくる。

 

実はそれが服に限ったことでなくて、娘さんが居るんだけどその子の名前も「キラキラネームではないけど、他にいそうで居ない名前を付けたくて...」って言ってたんですよ。

もしその人がブログ読んでたら「俺のこと?笑」ってすぐ分かるやろなww

 

それを聞いたときにビビビッときて。

「服だけじゃなくて、常にその目線で見てるのかも!」って感じました。

 

 

いろんなことに対して、『他にないものを』って考えてるからそういったアウトプットが生まれる。

もちろん、今の形に至るまでにもちろんのこと努力や研鑽があったはず。

センスがあるから成功するとは限りませんからね。

 

 

けど、その視点というか、観点ってのがセンスなのかなーとなんとなく腑に落ちました。

別の言葉に置き換えるなら、こだわりとか、思想とも言えるかもしれない。

 

これを最もわかりやすくしたものが、自分にとっては『目線』

 

 

少し自分のことを話すと、

「僕らは男女である前に人間だよね」って目線で周りを見てます。

賛否両論あるだろうけど、TPOに合わせて適した人が役割を持つのが良いって考え方。

 

例えば、重い荷物を持つ場合...

男性と女性の二人のうちどちらかが荷物を持つとしたら、筋力のある人が持てば良い。

状況にもよるから、相手の女性に良いところを見せたいと思う男性であれば、男性が持てば良いといいって感じ。

男だから、女だから、ってのがあんまり好きじゃない笑

 

この視点は他にも思ってる人がいると思う。

僕の場合は、この視点が自分の服装にも現れてるのかなと感じることがよくある。

その目線を維持して自分のスタイルが出来上がったときに初めて、よく言う『センス』として周りに認識されるんじゃないかな。

僕らがセンスと呼んでるものは、センスから生まれたスタイルであって、センスそのものじゃない。

 

だからセンスってのは、もっと根源的なものなのかも?ってところで腑に落ちました。

 

 

ってことは、誰しもがセンスを持ってる。

そのセンスを何を使って、どうやって、表現するか。

それを信じて磨けるか。

この辺りが『センスのある人』に近づく一つの考え方だと感じました。

 

 

これから社員ではあるものの、お店を任されることになるし、表現する側に立つことになります。

 

「この人センスあるなぁー」

って思ってもらえるような人になりたいところですね...

 

 

それでは、また今度。

マッチングアプリは『恋愛の練習』に使うのがベスト!

 

 

昨日、日本のマッチングサービスの現状に対する愚痴を晒したわけだけど。

お伝えした通り、自分なりのマッチングアプリの有用性を語ってみる。

 

ちょっとマッチングサービス使ったぐらいで何を言うんぞ?

って思う人もいると思う(笑)

けど、一応8個ぐらいは、マッチングアプリを試した経験があるんだよ!

そんでちゃんと課金もしたし、それなりの人と会ってみたりもした。

業者の人とは会ったことないけど、ちゃんと?ネットワークビジネスやってる人とも何人か会ってる(笑)

 

 

その経験則から、導き出した答えは、、、

『マッチングアプリは、恋愛の練習に使うべし!』

ってこと。

 

今まで、出会うために課金するのはちょっと...

と思ってたりしたんだよね。

でも、この感覚で使うようになって逆に「投資だ!」って思って、課金できるようになったんだよね。

一人で飲みに行ったりして、コミュ力の向上を図ってたことも効果があったのかもしれないけど、やっぱりアプリで培ったものは大きいと思う!

 

んで、マッチングアプリでの成就を狙うのは意外と難しくて、

アプリで鍛えてから、狙うはリアルでの成就がベストだと思うわけ。

 

 

ここからは、自論をつらつら書いていくので、

伝えたいことはその一言にまとまってるからブラウザバックもお勧めですw

でも、読んでくれたらすごく嬉しい(^.^)

 

 

あ、こんなこと言ってますが、彼女はいません。

もう4年はいません(笑)

 

続きを読む

マッチングアプリを使う女性は、もっと話してくれてもいいと思う。

 

 

定期的に会社の先輩とかとマッチングアプリを使ってみてるんですけど、

やってみるたびに思うことがある。

 

『どうして女性からは話しをしないのか』

 

ってこと。

 

 

マッチングアプリを使ってみたことがある男性だったらわかると思う。

マッチングしてもマジで女の人から話振らないし、話を広げようとしてくれる人がマジで少ない(笑)

 

最初は男性側から連絡入れるってのは、なんとなく理解できるんだよ。

別にどっちからでも良いじゃんって思うけどね。

とりあえず僕の場合は、自分から連絡をとるようにしてる。

せっかくマッチしたなら、連絡とりたいし!

 

 

んで、メッセージ送ってみるんだけど、こっちが質問とかしても一言で返ってきたり、イエスかノーで会話してるような返事なことって結構あるのね。

普通に会話とかしてて相手に質問とかするじゃんか。

なんか面接みたいな感じなんだよね。。。

こっちが面接官で、相手が応募者。

だけど、企業側はめっちゃ人が欲しくて質問したり会社のアピール的なの打つんだけど、向こうにその気がないから生返事って感じ(笑)

いうなれば、超絶売り手市場って感覚。

 

 

なんでかって理由は人それぞれあるんだろうなと思う。

受け身なタイプだとか、

そもそも男の人を評価するコンテンツとして使ってるとか、

自分とか男性側がおもろい奴じゃなかったとか。

 

まあ理由はあるにしろ、真剣に恋愛しようと思ってる人からすると困ると思うんだよね。

自分の場合は、正直言えばいろんな人と話したいなーって気分で使ってるから、そこまで思ったりしないけど、コミュニケーションを取ることに関しては真面目だから、やっぱり疑問符を浮かべることがある。

 

やっぱりどのサイトも、女性は無料で使えるけど、男性は有料ってシステムが問題なんじゃないかな?

男性が頑張って良い女性を探すって構図というか、認識?ができあがっちゃってる。

簡単に言えば、女性が上で男性が下って空気感ね。

逆にそういうシステムがあるからこそ、リアルの婚活の需要があるんだと思う。

住み分けとしては正しいのかもしんない!

 

 

たぶんだけど、自分のマッチしてる人がそういう女性が多いだけなんだろうな~って思ってたりもする(笑)

イケメンだったり、トークがうまい人は、女性の方からも積極的に話したりしてるんじゃないかな?

自分の場合は、何事もお互いに頑張ろうよ精神だから、相手にもそれなりの対応だったりを求めすぎててサービス精神が足りてないのかもw

あんまり相手を褒めたりとか持ち上げたりもしないし。

 

 

 

結局何が言いたいのかって言えば、もっと楽しく連絡とったり、恋活できるようにしようよって話!

まあ、興味のない人に対して頑張るのも面倒って気持ちもわかるけどねw

 

自分に対しても思うことは、自分に興味のない人とも会話が盛り上がるようなコミュニケーションスキルを磨きたいところ。

自分の中では、マッチングアプリは恋愛の練習に使うのが良いって思ってる。

それと異性とのトーク練習ね。

 

真面目な恋愛をしようと思うのなら、恐らくリアルの方が簡単だから。

ネットだと、トークとかのスキル上位者と美男美女が勝てる場所になる。

皆が思ってるより、もっとリアルに外側で勝敗が決まっちゃう。

 

だからこそ、そこで上手く扱えるスキルを得るチャンスがあるし、

効果がより実感できるのが良いところ。

だって嫌だって思ったらブロックしたりマッチを解除したらいい話だから。

バツバツ連絡途絶えるからねwww

 

 

本音で言えば、もう少し女性も歩み寄ってほしい!

てか、それができる人はもしかしたらマッチングアプリとか使ってないのかもしれないけど、それでも少し頑張ってみてほしい(笑)

 

 

ちなみに、今度僕なりのマッチングアプリの現状に対する説をブログに載せようと思う(笑)

ちょっと毒を吐くことになると思うから、気合い入れないとw

 

 

この記事読んで、気になってくれた人はぜひ読んでみてください。

恐らく次の日には記事挙げてますので!

 

それでは。